ルターくん特設ページ

宗教改革は、1517年10月31日、ドイツのヴィッテンベルクにおいてマルティン・ルターによって始まったと言われています。そして、2017年には、宗教改革500周年を迎えます。この記念すべき時を盛大に祝うべく、今、世界各地では様々な準備が進められています。様々な画家・イラストレーターによるマルティン・ルターを見る機会も増えています。
ただ、ちょっといかめしい画像が多いのも事実。そこで、九州教区では、可愛い「ルターくん」のイラストを作成しました。教会行事の案内をはじめ、さまざまな場面で活用いただければ幸いです。


教区では標準の「ルターくん」に加え、様々な媒体(印刷環境)で使い易いよう、複数の「ルターくん」画像を用意しました。それぞれの使用環境に合わせて、一番映える「ルターくん」をお使いください。すべて、左が影あり、右が影なしです。使用したい画像を右クリックし、「名前をつけて保存」し、用いてください。

フルカラー


影あり

影なし
フルカラー・影有りが標準の「ルターくん」です。全体の色調などでオレンジの影が合わない場合は、影なし版をお使いください。

グレースケール


影あり

影なし
グレースケール向けです。フルカラー版を白黒にするよりも、細かい部分や髪の毛などの色合いがよりよく表現されるよう調整されています。中間色を表現出来る白黒印刷機/コピー機などに最適です。写真を用いた週報/チラシなどにお使いください。ルターくんを目立たせたい場合は影ありを、そうでなければ影なしをお用いください。

モノクロ


影あり

影なし
白黒2色のみで中間色が無いバージョンです。中間色があまり得意でない白黒印刷向きです。文字だけの週報やチラシに向いています。このページでは分かりづらいですが、モノクロ版のみ全体に白い縁取りを入れてあります。画像や図形の上に重ねた場合でも、違和感無く使えることと思います。こちらも、ルターくんを目立たせたい場合は影ありを、そうでなければ影なしをお用いください。