コリントの信徒への手紙Ⅱ 4:18 「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。

熊本地震 関連情報


宗教改革500年 九州教区 マンスリーリレーメッセージ



真摯な人

ルターによる宗教改革運動の神学的中核をなすのは、「信仰による義」の再発見である。その再発見は、『95か条の提題』が発表された1517年よりも数年前のことだった。1505年に21歳でエルフルトのアウグスティヌス隠修修道会戒律厳守派の修道院に入って以来、死の意識を強く持っていたルターは、いかにして神に義と認められその救いにあずかるかに悪戦苦闘していた。だが、いかに努力しても自分は神の御前に罪人でしかないことに絶望的な状況に追い込まれていく。1512年、彼は神学博士となり、翌13年からヴィッテンベルク大学で詩編の講義を始めた。30歳になろうかという年齢である。修道院の定時祈祷では詩編が朗読されるため、ルターにとり詩編は最も馴染み深いものだったかもしれない。しかし、大抵の人がそうであるように、聖書の言葉は読み流されてしまうことが多い。だが、特定の時や状況下で聖書のある言葉が望外に強く語りかけてくることがある。聖書の言葉が生き生きと伝わって来るのだ。ルターがそんな経験をしたのかどうかは分からない。ただ、詩編講義の間に「信仰による義」の再発見があったといわれている。詩編31編1節「あなたの義をもってわたしをお助け下さい」(口語訳)。このとき、彼は学生たちにこの言葉をうまく説明できなかった。自分が義とされることに熱心であった彼は、神の義をもって助けられるということに戸惑いを覚えたのであろう。しかし、後日、71編2節「あなたの義をもってわたしを助け、わたしを救い出してください」(口語訳)の講義では正く説明できたという。この間にローマ書やガラテヤ書、ハバクク書に「信仰による義」の再発見をしたのであり、罪の死の呪縛から解放された。そしてこれを真摯に生涯貫いた。50歳を前にして2回目のガラテヤ書講義をしているが、「信仰は私の中でキリストが働かれることだ。それは私の中で始まったばかりだ」(『ガラテヤ大講解』)と述べている。信仰歴何年であろうと神の御前に滅私的謙虚さを失わずにいたい。ルターは再発見をしたのが塔の部屋であったと言っている。おそらく階段塔の踊り場のような場所だったろう。現在のルターの館ではこの階段塔は失われているが、そこに至る出口であろう箇所を見ることができる。2018年、ドイツ・ルター・ツアーを計画している。ご一緒に見てみませんか。

野村陽一(大分・別府・日田教会)

新着情報・イベント

一覧を見る

Facebookページを作成しました
2016年04月17日

日本福音ルーテル教会九州教区の教会・施設に関する情報をまとめたfacebookページを作成いたしました。
各教会・施設の様子を順次掲載しています。
https://www.facebook.com/kumaeqhq/

教区報第66号を掲載しました
2016年03月12日

九州教区報第66号を掲載しました。
http://www.jelc-kyushyu.org/img/html/kyoku/kyo_20160309032901_1.pdf

今号は、宣教懇談会報告、九州セミナリオ、熊本地区宗教改革記念合同礼拝など教区の諸活動が報告されています。
また各教会・施設の活動報告として、田主丸教会と奈多愛育園のクリスマスの様子が伝えられています。
毎回一つの教会を採り上げてその歴史を振り返る「教会物語」は、今回は宮崎教会物語。宮崎教会といえば、パイプオルガンへの思いが特に熱い教会です。長年宮崎教会で用いられてきたパイプオルガンは、昨年、熊本の九州ルーテル学院へその活躍の場を移しました。新たな場での活躍が期待されます。
各会の報告も行われています。筑後地区(久留米教会)の光延兄が新たな壮年会長となりました。各会が連携を強め、よりよい働きがなされてゆきますように。
そんなこんなの教区報66号、是非皆様お目通しください。皆様の信仰生活の励みとなれば幸いです。

「ルターくん」特設ページ開設
2015年10月19日

マンスリーメッセージでも紹介されていますが、九州教区では、2017年 宗教改革500周年を記念すべく、かわいい「ルターくん」のイラストを作成いたしました。
また、チラシやポスターなどで使い易いよう、グレースケールやモノクロの版も用意しました。
詳しくは、「ルターくん特設ページ」をご覧ください。
http://www.jelc-kyushyu.org/page/luther.html

リレーメッセージの掲載が始まりました
2015年09月02日

2017年は宗教改革500周年です。この記念すべき時に向けて、九州教区内の全牧師からリレーメッセージをお届けします。第一回は角本牧師による小教理問答についてのメッセージです。毎月追加されてゆきますので、どうぞお楽しみに。来月は小泉牧師です。