コリントの信徒への手紙Ⅱ 4:18 「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。

2017.10.29 宗教改革500年合同礼拝

熊本地震 関連情報


宗教改革500年 九州教区 マンスリーリレーメッセージ



ルターは聖書の言葉と向き合い、福音=喜びの使信を発見しました。それは、一人の人間が、罪の現実(=人間の現実)にありながらも、神の赦しと愛に生かされていることを発見した、信仰的な喜びだったといえるでしょう。

よく知られているように、彼は修道士だった頃、神の前に正しくあろうと願い、他の誰よりも自らを律し、戒律を守ることに努めた人です。けれども、救いを求めてあがくほど、かえって自分の罪深さを突きつけられ、救いの実感を得るどころか、ますます彼の中で、滅びの不安は増幅していったのです。

彼はこうした絶望の中で聖書と向き合い、自らすでにキリストの十字架を通して贖われ、救いに導かれることを発見し、それを信仰によって受け止めたのです。その時、ルターは大きな安心と喜びを得、宗教改革へと突き進むことになりました。

ルターのみならず、いつの時代の人間も、どんなに努力して生きても、多かれ少なかれ未来への不安や失望はつきものなのかもしれません。けれども、十字架のキリストの前にあっては、どんな歩みであれ、神に捉えられ、救いへと導かれる「神、共にある」歩みなのです。聖書の語る福音の光の中に、わたしたちは今日生きていることを、信仰によって受け止めたいものです。

池谷考史(博多・福岡西教会牧師)

新着情報・イベント

一覧を見る

宗教改革500年記念企画のページ公開
2016年12月07日

2017年、マルティン・ルターによる宗教改革開始から500年目を迎えます。これを記念し、日本福音ルーテル九州教会では10月29日(日)に記念合同礼拝を、その前日にプレ企画を行います。また、記念礼拝の為の合唱団を募集いたします。
詳しくは http://r500k.jelcs.net/ をご覧ください。

教区報67号掲載他
2016年11月11日

九州教区報67号を掲載しました。
http://www.jelc-kyushyu.org/img/html/kyoku/kyo_20160309032901_1.pdf

巻頭言(内村公春社会・奉仕部長)、退任・転任牧師挨拶、中高生キャンプ・熊本地震関連報告、九州セミナリオ案内、第45回定期総会報告、各会報告が掲載されています。今号は教会物語はお休みです。
教区報67号、是非皆様お目通しください。皆様の信仰生活の励みとなれば幸いです。

また、大牟田教会・田主丸教会のサイトが移転いたしました。
それぞれ新しいアドレスは
大牟田教会: http://ohmutachurch.jelcs.net/
田主丸教会: http://tanushimaruchurch.jelcs.net/
となります。